トライアスロン初レースまでに準備するアイテム【練習用とは別に準備が必要】

レースのアイテム

レースの時までに準備するものは?

レースの必須アイテムを準備していこう

トライアスロンのレースでは普段の練習で使わないアイテムが必要になります。

ウェットスーツやトライウェアは練習では使いませんがレースでは必須です。

当日になって慌てないようにあらかじめ準備しておくようにします。

準備不足でレースに出れないのは困る

この記事は練習用のアイテムは既に持っている方に向けて書いています。

レースの時に必要なアイテム知っておけば計画的に準備することが可能です。

余裕を持って初レースを迎えられるように早めに準備をしておきましょう。

練習で使うアイテムは別記事で紹介しています。

練習で使用するアイテムの記事はこちらをクリック

レースで必要な3つのアイテム【トライアスロン初レース】

トライアスロン完走のイメージ

次の3点はレース当日までに準備するようにします。

  • ウェットスーツ
  • トライウェア
  • ゼッケンベルト

この3つは絶対に必要だよ

ウェットスーツメーカーにより価格が異なります。(レンタルもあり)40,000円~
トライウェアスイム、バイク、ランを通して着用。10,000円~
ゼッケンベルトベルトにゼッケンを付けて使用。(バイクは後ろ、ランは前)1,000円~

1,ウェットスーツ

ウエットスーツはスイムの時に着用するウェアです。

ほとんどの大会で着用義務があるのでレースまでに必ず準備しましょう。

サーフィンやダイビング用のウェットスーツは機能が違います。

準備するのは泳ぎやすいトライアスロン用のウェットスーツです。

トライアスロン用を選べばいいんだね。

トライアスロン用のウェットスーツは浮力のある柔らかい生地で作られています。

ある程度体が浮くの、で泳ぎやすく着脱もしやすいです。

初めてのウェットは既製品で大丈夫

初めて着用するウェットスーツは既製品で大丈夫です。

オーダーよりも買いやすい価格でサイズ豊富にあります。

袖は長い方が体が浮くのでスイムに不安がある方には特におすすめです。

画像をクリックすると商品の詳細を見ることができます。

トライアスロン専門のブランドで人気があるのはHUUB、ZOOT、2XUです。

デザインもかっこよく機能も優れています。

レースでも着ている人が多いのはこれらのブランドです。

HUUBのウェットスーツはこちら

ウェットスーツを着て泳いだときの感覚は練習のときとは全く違います。

できればレース前に泳いでみて浮く感覚を体感しておくと安心です。

〈タイプ別〉ウェットスーツの比較

袖ありや袖なしなど色々なタイプがあるよ

ワンピースかセパレートか

ウェットスーツには上下つながっているワンピースタイプだけでなく

上下分かれているセパレートタイプもあります。

着脱温度調節入手
セパレートタイプしやすいしやすいしにくい
ワンピースタイプ少し大変できないしやすい

ワンピースタイプは人気があり種類も多いので選びやすいです。

レースの時も着ている人が多いのはこのタイプです。

気に入ったデザインが見つかりそう

セパレートタイプは着脱がしやすいメリットがあります。

スリーピースは気温によって使い分けることができるので便利です。

ワンピースタイプに比べると種類はあまりありません。

楽に着れるのはいいね

袖ありか袖なしか
着脱浮力価格保温性
袖あり少し大変ある袖なしより高いある
袖なししやすいやや劣る袖ありより安いやや劣る

袖があるタイプのウェットスーツのメリットは浮力が大きいことです。

水温が低い時も腕が覆われているので水の冷たさを軽減できます。

購入かレンタルか
価格手間サイズ感手入れ
購入高い 30,000円位〜かからない合う必要あり
レンタル安い 1回5,000円位〜毎回手続きが必要
返送の手間がかかる
合わないこともある必要なし

初めてのレースではレンタルを使ってみるのもいいですね。

着用感を試したい方にはおすすめのシステムです。

レースの参加回数が多いと、レンタルの場合は手間も費用もかかります。

レンタルもできるんだね

ウェットスーツを購入した場合の出費はレンタルよりも大きいです。

ただ、購入さえしてしまえば何度でも着ることができます。

2,トライウェア

レースの時に着るウェアは3種目通しで着用するトライウェアです。

トライウェアはスイムの時にウェットスーツの下に着用します。

3種目を通して着用することができ、着替える必要がないで便利です。

スタイルやデザインは色々あるので好みに合わせて選びましょう。

1枚で3種目できるのは便利だね

ウェットスーツの下にトライウェアを着ていれば着替えに時間がかかりません。

トライウェアはレース前にかならず準備するようにします。

トライウェアの役割

スイムの時水着、アンダーウェアの役割あらかじめウェットスーツの下に着用しておく
バイクの時バイクジャージの役割ウェットスーツを脱いだらすぐにバイク乗車できる
ランの時ランニングウェアの役割ゼッケンベルトの向きを変えればランに入れる

セパレートタイプは着脱がしやすいので

レースの途中でトイレに行きたくなっても安心です。

男女共に膝より少し上までの丈が人気があります。

3,ゼッケンベルト

ゼッケンベルトはゼッケンを挟んで腰に巻くためのベルトです。

レースのとき、ゼッケンはバイクの時は後ろ、ランの時は前に付けることになっています。

ゼッケンベルトにあらかじめゼッケンを付けておけば前後を変えるだけなので簡単です。

安全ピンなどでウェアに穴を開けることもなく、付け替える時間もかかりません。

ゼッケンを付ける位置が決まっているんだね。

ゼッケンの付け忘れの防止にもなるので準備しておくと便利です。

レース会場にはトライアスロン用品を扱うショップが出店しています。

大会名が入ったベルトはレース参加の記念になるのでおすすめです。

ゼッケンを受け取ったら早めにベルトに付けよう

※必須アイテムではありませんがゼッケンベルトを使用しなかった場合は

以下のようになる場合があるので準備した方が安心です。

★ゼッケンベルトを使わなかった場合

  • ウェアに穴が開く※
  • バイクとランで付け替えが必要(初めから前後に付けるのも可)
  • つけ忘れる心配がある

※ベルトを腰に巻くのが嫌いな方はウェアに穴があかない留めを利用しましょう。

マスク・ワセリン・スリッパも準備【トライアスロン初レース】

マスク、ワセリン、スリッパ

レースに参加する時でもマスクは必須アイテムです。

スポーツにも対応しているマスクなら呼吸もしやすくなっています。

普段の練習でも快適に使うことができるのでおすすめです。

快適呼吸で肌に優しく繰り返し洗える抗菌UVマスク【ATB-UV+ MASK】

マスク以外にレースの時にあると便利なアイテムはワセリンと使い捨てスリッパです。

ワセリン

ワセリンはウェットスーツと肌が擦れるのを防ぐ役割があり

薬局で手軽に購入することができます。

擦れやすい首周りや足首などに塗っておくことで

擦り傷になりにくくなるので準備しておくと安心です。

擦り傷になったら痛そう。予防のために必要なんだね。

私も過去に一度だけ持っていくのを忘れて

ワセリンを塗らずにレースに出たことがありますが

スイムでは塩水がしみてバイクやランの時もずっと痛い思いをしました。

レースに集中するために塗っておくと安心です。

使い捨てスリッパ

トラジションエリアからスタート地点まで移動する時は素足です。

使い捨てスリッパを履けば足の裏を保護することができます。

スタート直前まで履いていられるので真夏の暑い砂浜でも安心です。

スリッパで足の裏を守るんだね

ゴーグル(トライアスロン用)

トライアスロン用のゴーグルは一般のゴーグルより柔らかい素材で作られています。

ぶつかっても痛くなく、視野も広いので1つあると便利です。

普段使っているゴーグルでも大丈夫なのですがぶつかった時は少し痛いです。

練習で使っているゴーグルでもいいんだね

食品や飲料水も準備【レース中に栄養を補給】

バナナの画像

トライアスロンは暑い時期に長い時間をかけて行う競技です。

レースの中は水分だけではなく栄養補給を行う必要があります。

補給食と呼ばれる食品が販売されているので忘れずに準備しましょう。

バイクやランの途中でも片手で手軽に栄養補給ができるように作られています。

手軽に栄養補給ができる補給食

ゼリー状やバータイプの補給食も販売されているので

食感の違う補給食を何種類か準備しておくようにしましょう。

バナナや菓子パンでも大丈夫です。

スポーツようかんは日本人になじみのある食材で作られています。

片手でも食べやすく作られているのでおすすめです。

そのまま補給できるパウダー状のタイプは軽いのでいくつか持っておくと安心です。

スタミナが維持できる成分や足がつりにくい成分が含まれているものが販売されています。

完走できそうな気がしてきたよ

栄養分を補給しないで競技を続けていると

ハンガーノックと呼ばれる極度の低血糖の状態になることがあります。

体が動かなくなったり意識障害が起こってしまうと危険です。

補給食品と飲料水は必ず準備しようね。

スポーツドリンクなどの飲料水

トライアスロンのレースは夏の暑い時期に開催されることが多いです。

喉の乾きを感じる前に意識して水分をとるようにします。

特にバイクは時間が長いので計画的に水分を補給することが大切です。

バイクを漕ぎながら水を飲むのは難しそう

レース会場に給水エリアは設ありますが、自分でも準備しておきましょう。

トラジションエリアにも飲料水を準備しておきます。

一度にたくさん、ではなく、こまめに少しづつ水分補給をするのがコツです。

まとめ

走っている人の足

初レースの時は誰でも緊張します。

必要なグッズ少しでも早めに準備しておくことで安心感が生まれます。

補給食やワセリンなどもあらかじめ準備しておけば当日慌てることもありません。

楽しみながら準備を行えるといいですね。

初レースを楽しめますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました